Maria la rosa

マリアラ ローザはイタリア人の姉妹デザイナー、アリスとリサによって生まれました。
幼少期からアンティークの織り機が身近にあった経験から、手織りファブリックのみにこだわるマリア ラ ローザは糸のセレクトからデザイン、製作までの全てをおこなっています。その上質な糸は特別な布となり、一織り、一織り、アンティークの織り機を使用して手作業で作られています。
そんな贅沢なファブリックで作られるアイテムは大人のチャーミングさをも感じさせます。冬の寒さを和らげてくれるような、そんな温かみのある二人の心の籠もったバッグです。

HaGa

アガはフランスのパリに拠点を置くHannaとGabrielによって作られたアクセサリーブランドです。すべてのテーマの出発点は幾何学模様から生み出され、上質で繊細なアガのジュエリーはエレガントで大胆な女性を具現化しています。
艶消しゴールドによって形作られるアクセサリーは全て繊細な手作業によってなされます。
日本国内ではほとんど取扱いのないブランドです。

Inverni

1902年創業のイタリア・フィレンツェを拠点とする、老舗帽子ブランド、インヴェルニ。帽子をはじめストールや手袋など小物を中心とした商品を展開しています。シンプルな中にもイタリアらしい洗練されたモダンな感性をプラスしたデザインが特徴です。

FABIO RUSCONI

イタリア、トスカーナ州フィレンツェ在住のシューズデザイナー、ファビオ ルスコーニは様々なファクトリーとのコラボレーションの後、1998年に自身のブランドを立ち上げました。
ファビオ氏のクリエイティビティを世界中のマーケットのニーズと結びつけて、若々しい女性、行動的な女性、洗練された女性のために捧げたコレクションです。

SARTORE

サルトルは、「世界でもっとも美しい乗馬ブーツを作る」と言われている、フランス パリの老舗の靴のブランドです。「いつかはサルトルのブーツを…」と、女性の憧れの存在として知られています。
乗馬ブーツはコーディネートしやすく、上品で清楚。そのクラシカルなラインは、今や定番のファッションアイテムとして人気です。そんな乗馬ブーツの中でも、存在感と美しいスタイルを持つと言われているのが、サルトルのブーツ。シルエット、スタイル、デザイン、仕立て、全てが完璧と言っても言い過ぎではありません。
特にサルトルの乗馬ブーツの無駄のないスラっとしたまっすぐで直線的なフォルムは、本当に美しく魅力的、素材やカラーもアンティックレザーを使用したり、独特の味わいや風合いを持っています。
サルトルのブーツは、履けば履くほど馴染み、長く愛用できる「一生モノ」のブーツです。

Tricker's

トリッカーズはハンドメイド及びベンチメイドの最高級紳士靴を製造しています。
1829年に創立され、現在も創立者の子孫が経営する当社は素材と職人技を追求する伝統とエレガントなスタイルで知られています。
トリッカーズの製品は、タウンで、カントリーで常に最高の逸品を要求する目の高いお客様を客層とする世界に名の知れた有名小売店で販売されており、最高級靴のトリッカーズという名声を維持し続けています。 また、ロンドンの直営店舗には英国王室チャールズ皇太子御用達の紋章が掲げられ、その品質を証明しています。
近年、トリッカーズのカントリーラインという、もともとハンティング等に使用されていたヘビーデューティー仕様のブーツやシューズがファッションとして注目されており、Paul Smith等の別注品も手掛けるなど、ファッション性も高く評価されています。

PARABOOT

登山靴のエッセンスと、天然ラバーソールの融合から誕生した街履き靴の老舗パラブーツ。
パラブーツを展開するリシャール ポンヴェール社は、1908年、アルピニストたちが集まるフランス東部の町イゾーで、レミー・リシャール・ポンヴェールが開いた小さな靴工房から始まりました。当時から山岳労働者向けの靴を積極的に製作し、瞬く間に、登山靴のリーディングメーカーへと成長したRP社は、1927年、ブラジルのパラ港から出荷される良質な天然ラテックスを輸入し、ラバーソールの自社生産を開始します。
レミーはその自社製ソールを使い、登山靴のエッセンスも取り入れたタウンシューズの新しいブランドをスタート。それがパラ港にちなみ命名された「パラブーツ」でした。
歴史と伝統あるパラブーツは、今日も変わらず皆様の足下をサポートし続けています。
歩くための道具に留まらず、それ以上の価値を提供すること。それがパラブーツの企業理念「Invest in your walk=価値ある歩き」です。その「歩き」とは、単に「歩く」ことのみならず「人生をともに歩む」ことも意味しています。

TOMS

トムスはブレイク・マイコスキー氏により2006年に設立されました。トムスシューズはブレイク氏がアルゼンチンを訪れた時に現地の伝統的なサンダル(アルパガータ)を見て ひらめいたものです。その時にアルゼンチンの貧困と衛生問題を目の当たりにした彼はこの伝統的なシューズをUS市場用に開発を始めました。その目標は情熱を持って、ひとりひとりにシューズを与えることで力を合わせれば共により良い未来を創り出せるようにと、この目標を実現する為に彼はトムスシューズが一足購入されるごとに貧しい子供に一足提供される事を公約しました。その方法はシンプルで、トムスシューズが一足購入されるごとにトムス社が購入者に代わって一足子供に提供するというシステム。このコンセプトが世界的ムーブメントとなり、2010年9月には100万足の靴がプレゼントされるまでに。子どもたちを守るというバックボーンを持つシューズは、購入されないとプレゼントすることができない。
ファッションシーンにおいても高く評価されています。現在世界30カ国、アメリカやフランス、イギリスなどのファッション感度の高いショップでも展開中です。

GAIMO

ガイモ社は、1978年Spain 北部のArnedoにて創業しました。スペインのお家芸であるエスパドリーユ専門のファクトリーです。麻縄をソールに巻きつける作業は、熟練した職人によるハンドメイドによるものです。リゾートファッションの足元を華やかに飾るガイモは、フランス、イタリアの高級ブランドのエスパドリーユのファクトリーとしても認められています。リバティ柄やカラフルなスエード素材、キャンバス素材など、トレンド素材を駆使しながらフラットソールのバレーシューズスタイルから、ウェッジソール、メンズスタイルまで幅広いコレクションがあります。

LOINTS

ロインツは1918年、オランダのティルブルクという町にある小さな工房で生まれました。
デザインと履き心地の良さとの完璧なコンビネーションを追求した靴作りがモットー。特徴的なのは「3Dコンフォート」と呼ばれるソール。一般的な前傾したソールとは異なり、360度にわたりソールに丸みを持たせているので、足と地面との衝撃を弱め、足裏全体に平均して体重がかかるように設計されています。履き心地は日本の足袋のようなシューズです。

SPINGLE MOVE

熟練の職人により多くの工程を一点一点手作業で行った高い品質と 絨毯の上を裸足で歩くような履き心地を備え、 アッパーのレザーをゴムで包んで巻き込む「ヴァルカナイズ製法」をレザーに応用した純日本製・広島発のレザースニーカーブランドです。
「ヴァルカナイズ製法」は生産効率が悪いために近年は激減し、現在は国内で僅か数社となってしまいました。この貴重な技術を継承するメーカーが、その存続を目指してスタートさせた新進ブランドがスピングルムーブ。技術力の高さとデザインセンスのよさからファッションブランドより多数の別注オファーも寄せられているブランドです。

FilMelange

フィルメランジェとは「混色の(Melange)の糸(Fil)」という意味を持つ造語です。昔ながらのTシャツやスウェットシャツの杢柄のように、美しく混ざり合った色を意味します。素材使いを得意とするフィルメランジェは、2007年の春、ブランドをスタートさせました。選び抜かれた天然素材で最高の着心地を表現し、着る人がクールに見えるような衣服を作り上げています。
?厳選した天然素材を使用すること。
?「わた」から「糸」「生地」「縫製」に至るまで自社開発を行うこと。
?着心地や環境を考え、オーガニックな素材を積極的に使用すること。
?日本製にこだわり、国内の優れた職人の技術で最高の製品をつくること。
これらをふまえ、衣服を着ることの意味や喜びを追求したものづくりをしています。

SWiLDENS

スウィンデンズのデザイナーJuliette Swildensは、フランスの有名子供ブランドBonpointを立ち上げ、最近ではコンセプトストアMERCIをスタートさせた両親の元、クリエイティブな環境で育ちました。彼女自身も自然な流れでデザイナーとしてのキャリアをスタートさせ、1998年にマタニティーブランドとして1ET 1FRONT 3を、そして2006年よりパリジェンヌのデイリーライフコレクションとしてスウィルデンズを発表しています。
ファッションラバーの彼女が好むのは年代を経たアンティークやディテールに凝った洋服、そして快適な生地。80年代とロックカルチャーに影響をうけたコレクションはビンテージとフェミンデザインの巧妙なミックス感とマスキュリンのクラッシクコードを意識したものであり、そこに見られる"ボヘミアンシック"と"ロッククラッシック"な要素は20代から40代を中心とする幅広い年代の女性達に受け入れられています。

chimala

チマラは、45rpmに20年勤めたアメリカ人デザイナーと企画を担当する日本人2人で作り上げられるN.Y発のブランドです。
2006年にスタートしたチマラのブランドコンセプトは「どこか泥臭さの残る新しいビンテージカジュアル」、ヴィンテージウェアからインスピレーションを受けた加工は、他にはない独特の世界観を生み出しています。
Made in Japanにこだわって、素材の持つ良さを最大限に生かし製作されている、注目のブランドです。

JOHNSTONS

ジョンストンズ社は1797年にスコットランドの北東に位置するエルガンで創業しました。200年以上にわたってジョンストン家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、カシミヤやビキューナ、メリノウール、ラムズウール、キャメルヘアーなどの高級素材を使った生地、スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。
現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで手掛ける、英国でも珍しい一貫生産工場をもつメーカーです。

INDIVIDUALIZED SHIRTS

1961年アメリカのクラフツマンシップが多く残っていた時代マンハッタンの対岸 ニュージャージ州今もヨーロッパの風景を残す小さな町アンボイにインディビジュアライズド シャツ社はカスタムメイド(オーダーメイド)の専門ファクトリーとして創業しました。歴史は50年ほどで老舗シャツメーカーというには若いメーカーですが、1枚のシャツへのこだわりは創業以来一貫しており、特にカスタムメイドシャツの分野では現在もアメリカ国内シェア1位を誇っております。2003年までBDシャツ(ポロカラーシャツ)の原点を作り上げたBROOKS BROTHERSのカスタムシャツ部門を全て任され(2003年BROOKS BROTHERS USAが外資に買収され契約関係を終了)、現在もNYの最高級百貨店 BERGDORF GOODMAN、アラン フラッサー氏の直営店もあるSAKS FIFTH AVENUE等、全米の高級紳士服専門店のカスタムシャツを手がけ、また顧客リストの中にはブッシュ氏も含む歴代大統領やハリウッドスター、スポーツ選手などのセレブリティーが名を連ねています。

a.b

デザイナーは、Barbara Garofalo(バーバラ ガルファロ)、イタリア人女性です。
ベーシックなシェイプと独自のボリューム感が特徴です。
素材は可能な限りピュアで高品質なものを用い、ハンドメイドにてイタリアで製作しています。

d’un a dix

アナディスは「 時代性と普遍的価値観を併せ持つ服 」がコンセプト。
トラディショナルで独特の風合いを持つ オリジナル素材をベースに旬のエッセンスと 季節の色を使ったデザインで 女性らしさを表現した服作りをしています。

Luxluft

ルクスルフトは「オールインワン」をコンセプトにオンとオフの垣根を超えて“贅沢な空気感”を持った服を働く女性のために展開。従来のジーニングのスタイルから脱却した新しいスタイリングを提案しています。

Natalia

ナターリアは大人カジュアルをテーマに、普遍的でベーシックなアイテムを中心にした等身大のリアルクローズを提案しています。
「トレンドに流されない、永く愛用できる服」がブランドコンセプトです。
日常的に触れる洋服こそ上質であるべきという考えから日本製にこだわった物づくりをしています。

ArmorLux

フランス最北西部に位置するブルターニュ地方、その西の端にカンペールと呼ばれる港町があります。BONNETERIE D’ARMOR社は、1938年にその地で設立されました。
「海」と共に生活することが日常である環境の中、アルモーリュックスは、創業以来この地に根付いた文化をもとに、海と生きる人々のための商品を作り続けています。
近年では多くのブランドとのコラボレーションも増え、またLA POSTE(フランス郵便局)やSNCF(フランス国営鉄道)およびパリの国際空港向けにユニフォームを生産し支給するなど、その活動をフランス全土に広げ、大きな実績を残しているブランドです。

FUJITO

「真のシンプルとは、一切の無駄を排し、機能性を追求した計算の上に成り立つ。それは単純こそ美しいという観点にたった現代美の一つである」。そんな哲学をブランドポリシーにした福岡発のメンズブランド、フジト。
高度な素材、縫製、加工によってあらたな定番を生み出すことを目的としているというデザイナー藤戸 剛氏が2002年に設立したブランドです。

Fileused'Arvor

1927年にフランス北西部の港町、QUIMPERで創業しました。
フランスとイギリス、二つの狭間にありフランスの中でも特に優秀な工・商業製品を産出する地域として認められています。
およそ一世紀にわたりフィルーズダルボー社は地元に根付いた活動を続け、made in franceにこだわり続けるマリンブランドです。
中でもボートネックのマリンセーター、バスクシャツはブランドを象徴するアイテムです。
海外に生産拠点を移すブランドが多い中、made in franceを守り続け、今でもフランス海軍にユニフォームを供給するなど、確かな歴史と実績を持つフレンチマリンブランドです。
とくに『ヴィンテージリブ』 と呼ばれる生地は、現代ではほとんど見られない、昔ながらの複雑な編み立て法が採用されたものとなります。
組成が複雑な分、生地としては目が細かく、厚手のカットソーのように感じられるほど柔らかな質感です。さらに、糸のかかりが多い編み立てのため、伸びてしまうなどの型崩れが最小限に抑えられる上質な生地と言えます。

Crescent Down Works

米国、シアトルのアウトドアメーカー、クレセント・ダウン・ワークス。1974年創業からダウンファクトリーとしてハンドメイドによる上質なダウン製品を作り続けており、ベーシックながらもダウンの軽い着心地・保温性抜群の暖かさを最大限に引き出す技術を持ち、その品質の高さ・形の良さから、老舗ダウンメーカーとして絶大な支持を受けています。今でもアメリカで生産し続けている希少なブランドです。

決済方法 銀行振込・郵便振替
お支払期限:弊社よりご注文確認メール送信後、3日以内にご入金をお願い致します。
ご入金確認後の商品発送となります。
※振込手数料はお客様ご負担となります。
クレジットカード決済
(VISA、MASTER、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナース)
お支払期限:ご利用のクレジットカードの締め日や契約内容により異なります。ご利用されるカード会社までご確認ください。
代金引換
代引手数料:一律 432円(税込)
商品お受け取り時にお支払いいただきます。※現金払いのみ(配送)ゆうパック
※代引き手数料はお客様ご負担となります。
配送方法・
送料について
配送は「ゆうパック」でのお届けとなります。
(商品発送のタイミング)
配送ご希望日のご指定が無い場合は2営業日以内に商品を発送させて頂きます。(銀行振込、郵便振替をご希望のお客様はご入金確認後の発送となります。)
また、ご注文内容等に関しまして当店から確認をさせて頂く必要がある場合は発送に若干遅れがでる可能性がございますのでご了承くださいませ。

下記の中からお届け時間帯の指定ができます。



※お届け時間指定がご利用頂けない地域もございます。ご了承くださいませ。
配送先 料金
県内 450円
北海道 840円
東北
青森、岩手、秋 田、山形、宮 城、福島

570円
関東
茨城、栃木、群 馬、埼玉、千 葉、東京、神 奈川、山梨

520円
信越
長野、新潟
560円
北陸
富山、石川、福 井

590円
中部
静岡、愛知、三 重、岐阜

570円
関西
滋賀、京都、大 阪、兵庫、奈 良、和歌山

600円
中国
鳥取、岡山、島 根、広島、山 口

710円
四国
香川、徳島、愛 媛、高知

680円
九州
福岡、佐賀、長 崎、大分、熊 本、鹿児島、宮 崎

850円
沖縄 1,600円